横浜でできるワキガ治療について

症状の重さにより治療方法は異なります

人知れずワキの臭いに悩まされている人は実は非常に多いものですが、横浜でできるワキガ治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
ワキガ治療はその症状の重さにより治療方法は異なります。
軽〜中度の場合は塗り薬や投薬での治療が中心となりますが、症状が重い場合には手術やミラドライ、ボトックス注射といった治療法が一般的です。
手術の中で最も一般的なものは剪除法と呼ばれる術法です。
ワキガの原因はアポクリン腺という汗腺から分泌される汗に雑菌が繁殖して強い臭いを生じさせるのですが、脇にあるアポクリン汗腺の数が多い人や汗腺が大きく汗の分泌の多い人がワキガになりやすいと考えられています。
剪除法は脇にメスで切り込みを入れて、皮膚をめくりあげてアポクリン汗腺を除去していく手術です。
鋏のような形状の器具を使って医師が目視で確認しながら汗腺を除去していくので、取りこぼしが出づらく、確実にワキガを根治させられる確率が非常に高い手術法です。
剪除法は保険適用の医療機関で手術を受ける場合、健康保険の適用範囲内なのでリーズナブルに受けられる手術法で、その費用は両脇で5万円ほどです。
剪除法は確実にワキガの原因であるアポクリン汗腺を除去できる一方で、脇にメスで切り込みを入れるので術後の傷が目立ちやすく、またダウンタイムも長めになります。
術後は包帯でぐるぐる巻きにするため、術後数日は生活に支障も出ます。
そのため、傷が目立たなくてダウンタイムが少ない治療法を選ぶ人も多く、その代表格の一つがミラドライです。

症状の重さにより治療方法は異なります切らずにできるワキガ治療多く利用されているボトックス注射