横浜でできるワキガ治療について

多く利用されているボトックス注射

輪郭形成神奈川県横浜市 美容外科 しばた形成外科・内科

そしてもう一つの治療法がボトックス注射です。
ボトックス注射というと美容整形のイメージがある人も多いかもしれませんが、ワキガ治療としても多く利用されています。
ボトックスは正式名称はボトックス・ボツリヌストキシン注射と言います。
細胞を一時的に麻痺させる作用のあるボックス・ボツリヌストキシンを脇に注入することで汗腺の働きを抑制して臭いの元となる汗の分泌を軽減させる治療法です。
脇に注射を打つだけなので治療時間はおよそ10分ほどと非常に短時間で、ダウンタイムもほとんどありません。
ただし、効果は永久に持つわけではなく、体質にもよりますが半年〜1年ほどでその効果はなくなります。
軽度のワキガの人が薄着になる夏場だけワキガを抑えたいという一時的な効果を期待した治療を受ける場合に最適で、中〜重度のワキガで常に症状を抑えたいという場合には定期的にボトックス注射を受ける必要があります。
ただし、繰り返す注射をすることで汗腺が徐々に委縮するため、効果の持続時間がどんどん長くなる傾向があります。
費用は保険適用外で自由診療となるため医療機関により差がありますが、両脇の施術で15〜20万円というのが相場価格です。
ワキガ治療は多様化しており、それぞれの治療方法によりメリット・デメリットがありますので、自分に合った治療法を選ぶことが大切です。

症状の重さにより治療方法は異なります切らずにできるワキガ治療多く利用されているボトックス注射